海の透明度

シュノーケリングを始めて度肝を抜かれたのは海の透明度!「ん?ここプール?」と感じてしまうほどなんでもはっきりと目に入ってきました。
難なく講義を聞き終えて、やっとダイバーとしての初心者としての位置にたてた人は、これからはいろんな海に潜水しに遠出しましょう!

 

インド洋のサンゴで有名な海に潜ってみて!インド洋の楽園モルディブはまるでリングに見えるこの世のものとは思えないほどの環礁が距離を測ると800キロも連なっており、古から「真珠の首飾」と崇められてきたようです。
ダイバーなら誰もが憧れる生き物、「マンタ」を見たい!といえば沖縄県石垣島。マンタがよく出現する場所の川平でダイビングすることができる現地でのサービスの種類はいくらでもあります。
あるがままの目当てを捕えながら直進するナチュラル・ナビゲーションや「スクーバセクスタント(六分儀)」を事由に使うテクニックと言ったものを習得します
沖縄と言えば暑い時期に海に潜る人が多いために、アルバイトの従業員(夏場だけのスタッフ)が存在しないのは結構特異なダイビング専門店だと言われます。

 

頬をなでる穏やかな風、ささやかな川のせせらぎ、鳥のさえずり。それ以外の雑音は全然感じられない。両岸に息づくマングローブ(紅樹林)は、まさに絵に描いたような南の国の風景。
ダイビングを2つに分類するとなると、遊びと仕事ダイビングに分類されます。折角やる以上はダイビングのプロを目標に頑張ってみたくありませんか?一度はプロダイバーの行動パターンを体感してみませんか?
海から上がれば陸地でもいつも強風の沖縄ですが、9月頃から2月頃までは一際荒れ、海の上ではなおさら風にさらされますので、うっかり体調を崩してしまわないよう暖かくしてくださいね。
水に潜る時の保温、保護の役目を果たすダイビング用スーツは、それが持つ効能を高めることが大切なので、何としてでもご自分だけのダイビング用スーツを購入することを強くオススメします。
初めて体験する人ばかりのダイビングなら、気安く水の中をゆったり泳ぐことを体験できます。お手軽な分、潜るスポットや深さなどに制約があるのは仕方がありませんが、とにかくやってみましょう。
母なる海の潮騒をBGMにしてくつろいだ気分で散策するここならではの時間を過ごせるほか、様々なマリンスポーツ、環境に優しい催行などもご利用いただけます。