スリル感十分!

スリル満点なものがたくさん!!

大きく弾んで思いきり揺れてスリル感十分!ここ最近、沖縄で一番新顔のマリンスポーツはバナナボートです!舟にロープをつなげて、水しぶきを上げながら美しい海を駆けます。
海中での保温及び保護の役目を果たすボディスーツは、機能性を存分に高めることができるように何としてでもご自分だけのダイビング用スーツを手に入れることを推奨します。
ダイビングをきっかけに日常をカラフルに送りたいと思いませんか?初めてスキューバダイビングの素晴らしさを経験したら初めての人でもいつもの毎日が潤います。

 

巨大なクジラの魅力的なあいさつを見てみたい!というクジラファンに是非体験してほしいのが、早く目的地に着けるクルージングで向かう快適なホエールウォッチングです。
出港場所が那覇でも北谷でも「5歳から小学生」までの子どもには船長体験イベント&インスタントカメラでの撮影タイム(撮影枚数1枚)という2つの特典があります。

とにかく今すぐご予約ください。
沖縄旅行のお土産として評判のユニークなシーサーを自分で作れたらいいと思いませんか?どんな表情に仕上がるかは自分で自由に決められます。

他の観光スポットでは入手できない個性的な思い出の品になります。
ウィンドサーフィンだけの特徴とは一体何か?

帆にかかる風圧を左右両方の手でトリムすればスムーズに自分のボードが海面を走り出します。
わが国では最南端の沖縄がダイビングの聖地の称号を与えてもいいのではないでしょうか。

華麗なサンゴ礁を愛でるダイビングはそれ以外の場所とは比べようもない意義あるものです。

 

人気のバナナボートから、透き通った海の色鮮やかなユートピアを見物できる体験スキューバダイビングに手軽にできるシュノーケルまで、一流のウォータースポーツメニューを経験できます。
どこか懐かしい潮騒に浸りながらゆっくりとぶらつくかけがえのない時間をご提供するほか、多種多様なマリンスポーツにエコロジーな催行なども体験できます。
どちらにしても待ちに待ったダイビングをやってみる決心をした以上は、一から十まで学んでみたい、日本中の海中を自由自在に潜れるダイバーになってみたい、けれども一体何から手を付けたらよいのやら、思いつかない。
日毎運行中のレストラン付の客船「モビーディック号」で常夏の地、沖縄の華やかな夕日で紅く染まった風景を鑑賞しながら、豪華なお料理を味わってください。
沖縄の琉球村とは古い住宅を移転してきて公開している他にも、藍という植物を使った染め物体験や三線・エイサーの指導、沖縄のおばあさんとの会話などを見て実践できる施設です。

 

「一口にダイビングって言っても高いでしょ?」実際にはそう信じ込んでいる人はたくさん存在するでしょう。だけど、毎年潜っているダイバーたちは「迷うことなくそれだけの価値はある」とみんなが言うでしょうね。
この美ら風という施設は、粘土玉から形作る勇ましい「シーサー」、800種類以上常備されている色々なガラス細工を使って作製する美しい「キャンドル」や「オルゴール」など、自分の手による作品作りに挑戦できる沖縄ならではの体験工房です。